RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01
16
Category : プランニング
「寒くない家にしてください。」
これが、私たち夫婦が家作りに当たって、工務店に提示した第1条件でした。それ程、寒い家でした。
普通ならその後は、「書斎がほしい。」「キッチンはオープンにしてほしい。」等、具体的な要望を提示し、工務店はそれを図面に収めていくものなのかもしれませんが、我が家の場合は、そうではありませんでした。
「家族で現在、こんな暮らし方をしている。」 そして「これから家族でどう暮らしていきたいか。」ということを、たっぷり時間をかけて話し合いました。
その作業を経ていくうちに、それまで「どうしてもほしい!」と思っていたものが、案外、つまらないこだわりだったことに気付き、大切なものが見えてきました。
家作りは予算との戦いです。その中で、自分たちにとって最も大切な、ゆるぎないものが見つけられれば、枝葉の部分はどうにでもなるものなんだな、そう思います。
DSC_9598.jpg
(切実であった)寒さ対策の次に、大切なもの、それは「家族で共有する空間(時間)」でした。夫婦と、いずれは独立していく子どもたちと、できるだけ多くの時間を過ごしたいと思いました。
妻が食事を作る傍らで子どもたちは宿題をし、そして共に夕食を食べ、(風呂に入り)、その後は、寝る時間ぎりぎりまで、めいめい好きな本などを読む部屋をリビングとし、その機能を持たせました。現在のところ、我が家に子ども部屋(幼・小2)はありません。
その結果、子どもたちはリビングの掘りごたつで宿題をして、同じ掘りごたつで家族で食事をします。「勉強机を買ってやらないの!?」と言う母の意見もありましたが、大人の目が届くのが一番です。食後は、リビングでごろごろし、8時半ごろになったら、2階の寝室へ上がって寝ます。(寝室にはテレビもありません。寝室は寝るためだけの部屋です。)
すみません、長々と。よく「3度建てないと納得の家はできない」と言いますが、私は十分満足しています。
スポンサーサイト
2010.11
21
Category : プランニング
「収納はあればあるほどいいわよ・・・。」家作りを進めていくとき、必ず聞かされる言葉である。
確かにそう、間違っていない。
今回のリフォームにあたっても考えました。今、所有しているものと将来追加が予想されるもの。
いずれにせよ、所有欲の呪縛から自らを解き放たないといくら収納を確保したって、間に合うはずがありません。
「吾唯足知(われ ただ たるを しる。)」の境地に至れそうにない私は、せめて「一つ買うためには、一つ減らしてから」ぐらいの気持ちを持ちたいものです、ハイ。といいつつ・・・。
我が家の場合、北側屋根の下に、高さ70cm×5m程度のスペースが開くことに気づきました。写真で言うと脚立の足元辺り、
CIMG0227.jpg
頭を突っ込んでみるとこの通り、
CIMG0231.jpg
四つんばいでしか入れなし、上は斜めになってるし、衣装ケースが2段詰めるかどうかという程度、
あんまり便利ではないですが、隠れ収納(隠れ家)にでもしましょうか。
2010.08
22
Category : プランニング
これまでは、あまり眺めることのなかった庭、このリフォームにより食事をしながら家族で楽しめるようにする。
そんな間取りで計画を進めている。
sCIMG7882.jpg
完成はこの冬、2月。がんばって働かなきゃね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。