RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02
04
Category : 旦那日記
昨日は節分。妻からの帰宅依頼メールにより、いそいそと帰宅しました。勝手口から入ると、廊下に娘が作ったと思われる鬼のお面・・・。(お面をかぶって部屋に入ってきてね、ということなのでしょう)ということで、父が鬼となって豆まきをしました。
まずは、鬼がリビングで暴れまわります。
setubun-0000.jpg
マウントポジションを取った鬼が子どもたちに襲いかかります。
setubun-0001.jpg
豆を手に子どもたちの反撃が始まりました。
setubun-0002.jpg
(今から外へ出ます)
DSC_0091.jpg
とうとう家の外に追い出されてしまいました。
setubun-0003.jpg
めでたし、めでたし。
スポンサーサイト
2012.01
15
Category : 旦那日記
ミセバヤの芽が日に日に伸びている。
DSC_9736.jpg
露出を+1にしてロウバイも再度撮影。
DSC_9741.jpg
息子(小2)はリビングで美味しんぼを読みふけっています。(わかってんの?)娘は古くなったデジカメでいろんなところを撮影しては、キャッキャとはしゃいでいます。妻はミシンをカタカタ。日曜日の午後、リビングで思い思いのことをして楽しみました。
DSC_9749.jpgDSC_9783.jpg
2012.01
12
Category : 旦那日記
仕事を終え、帰宅して食事、そして食後の一杯。といってもアルコールではなく、私のくつろぎの一杯は「コーヒー」のこと。今日は里やま工房さんからいただいたヒグラシ珈琲(豊岡市)です。
DSC_9696.jpg
お気に入りのカップは、我が家の蔵から出てきた蕎麦猪口(そばちょこ)。ずいぶん古いものらしく、少し分厚くてずっしりと重みがあります。コーヒーを注ぎ、少しミルクを落とすのがお気に入り。
DSC_9704.jpg
ごちそうさまでした。さあ、明日も頑張りましょう。
2012.01
10
Category : 旦那日記
最近では、ルンバをはじめとしたお掃除ロボットが人気ですが、我が家での掃除はもっぱらこれ、ほうきとちりとりです。
DSC_9602.jpg
DSC_9603.jpg
普段は妻に任せきりなので、お正月休みぐらいは手伝おうと思い立ち、息子と娘と一緒に私も掃除をしました。まずは、座椅子などの片付け。我が家は調度品をいろいろと置くよりも、広びろとしたのが好きなので、この作業は短時間で終了。乱れがちな二人の子どものおもちゃは置いてもよいスペースを決め、新しいものを買うときは、古いものを処分。わりと守れてます。次に、子どもは粘着テープ(愛称「コロコロ」)で畳の上を掃除。私はほうきとちりとりで掃き掃除、クイックルワ○パーで簡単に済ませる時もありますし、さらに固く絞った雑巾で廻り縁と畳を拭くこともあります。以上で完了。再び、座椅子などを元に戻します。
お気に入りの音楽をCDから鳴らしながら、案外楽しくやれました。気分転換にもなります。掃除をした後、ゴミが目に見えることが、達成感になっているかもしれません。
それより少し気になっているのは、我が家で採用している縁なし畳のこと。畳表は、イグサではなく「和紙」でできているそうです。イグサよりも耐久性が高いそうなのですが、座椅子の脚(パイプ)によって踏みつけられることにより表面が不規則に凸凹しているのです。あと何年くらいもつんだろう・・・。少々心配です。
キッチンはフローリングですが、表面にウレタン塗装(つるっとしたやつ)をしています。なんといってもキッチンは汚れやすいところ、この方が気楽にガンガン使えます。
2011.03
06
Category : 旦那日記
食事を終え、お風呂に入る前のこと。「こんばんは。」と来客の声。慌てて玄関に下りてみたら、そこには、長く大工工事に関わってくれたOさんの姿、そしてその後ろには里やま工房のTさん。「この前、お昼をごちそうになったんで・・・。」とお土産を手に、わざわざ訪ねてきてくれました。開けてみたら、「うわぁ、ケーキがいっぱい!!!」
DSC_4969.jpg
一番手前は山陰海岸ジオパーク等、豊岡市のPRに励むゴツキャラの「玄さん」。玄武岩の名前の由来となった「玄武洞」のキャラクターです(玄武岩を模して顔も六角形です)。
こちらの方がもっともっとお礼の気持ちを伝えたいぐらいなのに、あべこべになってしまいました。ありがとう。家作りを通して、こんな出会いが生まれるとは思ってもみませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。