RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03
01
Category : 電気工事
なかなか紹介する機会がありませんでしたが、戸田電工のKさんが次々に照明を取り付けてくださいます。
■洗面所照明■
横長の普通の蛍光灯をつけました。その下には、鏡を取り付けます。
里やま工房さんからは、見えている窓の下に四角いブラケットライトをつけることを提案いただきましたが、もともと窓の位置があまり高くないため、ブラケットライトの位置と鏡の位置が干渉しあい、収まりが悪かったのです。いっそのことと思い、こんなシンプルな蛍光灯をつけました。
DSC_4810.jpg
■2F造作本棚上部の照明■
妻は手芸を楽しんだり、本を読んだり、私は絵を描いたりと、夢が広がっている本棚つきテーブルです。作業によって座る位置が固定的でないため、ダクトレールを取り付け、それにスポットライトを下げてみました。電球色のライトを選択しましたが、細かい作業をするには昼光色を選んだほうが良かったかもしれません。
DSC_4817.jpg
こちらがKさんです。
CIMG1515.jpg
■ロフトのブラケットライト■
気がつけばロフトにも照明が取り付けられていました。ロフトはもともと広い場所ではないので、壁から大きく飛び出るものは避けました。また、子供が行き来するので、万が一のことを考えてガラスタイプのものは避けました。
DSC_4823.jpg
2階にはクリーニングの方も入ってくださったようで、窓がピカピカでびっくりしました。
スポンサーサイト
2011.01
08
Category : 電気工事
大工さんたちは、他の現場の建前へ。今日のこの天気なら、無事そちらもうまくいっていることでしょう。そして、その木工事の間を縫って、電気工事に2人の方に入っていただきました。大工さんもそうですが、こういった職人さんは、手近に多様な工具が必要であるため、腰にたくさんの道具を下げておられます。しかし、大工さんと電気工事屋さんでは、また、その道具にも違いがあるようです。
DSC_2293.jpg
昨日の木工事で、壁が作られ、勝手口から入ったところも随分と様変わりしました。
■Before(11/13)■
1109_daiku19.jpg
■After■
DSC_2246.jpg
2階の子供部屋になる場所にも、梁が追加されました。
■Before■
DSC_2214.jpg
■After■
DSC_2253.jpg
水糸を張って水平をとっています。
DSC_2342.jpg
また、昨日の正体不明の板を使って四角い枠が作られていました。ますますなぞです。いったい何に使われるものでしょう・・・。
DSC_2252.jpg
2010.12
11
Category : 電気工事
木工事が進むのに合わせて配線に係る工事も進んでいます。電気工事は、戸田電気のKさんが担当してくださっています。
■リビング(Before)■
正面の壁の部分にテレビが置かれ、その手前に掘りごたつがきます。
DSC_0176.jpg
■リビング(After)■
正面の壁面にテレビ用の配線ができました。
DSC_0200.jpg
DSC_0201.jpg
それ以外にもいろんなところに配線が飛び出しています。家が完成した時点で、これらが隠れるように考えて配されていることが伺えます。
DSC_0223.jpgDSC_0203.jpg
DSC_0239.jpgDSC_0229.jpg
電気線だけではなく、LANケーブルを通すパイプも見えています。
DSC_0194.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。