RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02
05
我が家のリフォームをしてくださった里やま工房さんが来られ、今日はインタビューを受けました。何でも里やま工房のコンセプトブックとなるパンフレットを作成するのだとか。リフォームに踏み切った思いや今の住み心地などを妻と一緒にお話しました。改めてICレコーダーを置かれると、やっぱり緊張しますよね。
大雪も一段落。今日の日ざしのお陰でずいぶんかさも低くなりました。
DSC_0116.jpg
我が家では、この休日を利用してお雛様を飾りました。この人形は妻が幼少の折から飾っていたもの、これからもずっと大切に飾っていきたいですね。
inter-0001.jpginter-0000.jpg
最後に、スタッフのTさんから、「これからどんな暮らしをしていきたいですか?」と質問を受け、
inter-0004.jpg
しばらく考えた後、「今のまま暮らせれば、それでいいです。」と答えました。
inter-0002.jpg
ちょっと早いバレンタインチョコまでいただいてしまいました。
里やまさん、いろいろとお気遣いありがとうございました
スポンサーサイト
2012.02
02
DSC_0070.jpg
今日は雪かきをしてもしても、上へ上へとさらさらの粉雪が降り積もる長い一日となりました。いつもに比べ軽い雪だったとはいえ、雪かきはかなりの重労働。あっという間に全身から汗が噴き出します。玄関先には大きな雪の山ができました。東北の方の努力を思いながら、負けじと頑張りました。
DSC_9994.jpg
写真は夕食後のいつもの読書タイム。各自、思い思いの本を手にのんびりと楽しむ大切な時間です。
2012.01
23
DSC_9978.jpg
昨日の日曜日、朝起きて気付いた予期せぬ好天。じっとしているのがもったいない気がして、慌てて飛び起き、準備を整えてスキーに行きました。小2の息子は、私とキッズウェイ(ベルトコンベア状のやつ)で特訓。
ブレーキが自分なりにかけられるようになってきたので、次はうまく曲がれるようになりたいところです。
幼稚園の娘はおもちゃのスキーをはかせていますが、怖いもの知らずの性格が幸いし、案外滑れそうなほどに上達。できればちゃんとしたスキーを手に入れ、練習をさせてやりたいのですが、買うと高いしなぁ。約2時間半ほど楽しんでから帰宅。リビングに差し込む日差しで手袋を乾かしました。
2011.12
31
今年は早々に年賀状の投函を終え、新年の準備を進めることができました。妻もおせちが完成した様子です。
DSC_9531.jpg
今年は、新たな職場へ移り、それに適応することに力を尽くしてきました。新たな出会いがあり、別れもありました。感慨深い一年でした。
今後も不定期ですが、ブログを更新していきたいと考えています。いつも目に留めていただき、ありがとうございます。みなさまにとって、来年がよきものとなりますように。
2011.12
27
例年と比べて少し暖かい11月でしたが、それでも夜半はかなり冷え込みはじめたので、リビングの掘りごたつテーブルにこたつ布団を用意することにしました。しかし、掘りごたつは既製ではなく工務店のオリジナルであったため、ぴったりのサイズのこたつ布団がない。Lサイズはおろか、LLサイズでも全然大きさが足りない。それもそのはずテーブルの天板が100cm×190cmあるのですから・・・。
ネットで検索するうちに、サイズにはより大きい「クイーンサイズ」、「キングサイズ」ってのもあるってことがわかってきました。素材や形も、普通の布団だけでなく、薄手タイプ、省スペースタイプ、フリースブランケットなどなど、いろいろな選択肢があります。また、里やまさんから、「(熱源が床暖房なので)厚手の布団よりも薄手の布団のほうがいいですよ。」というアドバイスもいただき、さらに「毛布」「キングサイズ」というキーワードで検索し続けること約1か月。特注の布団(数万円?)をつくらねばならないかと、半分あきらめかけていましたが、なんと見つかりました。
それは、ベルメゾンの「静電気防止機能付きこたつ中掛け毛布 ブラウン 大判長方形」。我が家のベースカラーであるダークブラウンと似た色で違和感もなさそう。そして、問題のお値段は・・・3,490円。安っ!やるなっ、ベルメゾン。というわけで、ネットから注文・・・数日後には商品が届きました。さっそく開封し、天板を妻と取り外し(重さもかなりのものなのです)、取り付け(?)。
商品はというと、(大)満足しています。天板から垂れ下がる長さも、厚さも、色合いも事前にリサーチしていた通りでした。よかった。よかった。
20111227_122122.jpg20111227_122145.jpg
我が家の暖房は、オール電化による温水床暖房を選択しました。それだけでは暖かさが足りないのでは?という心配もしていましたが、(いわゆるホームごたつのような暖かさはありません)、足を入れているとほんのり暖かみを感じます。12月現在、38~40℃という設定にしています(怖いのは電気代です)。室内で薄着で過ごすわけにはいきませんが、これでじゅうぶんな感じです。みなさんも来客等を考え、テーブルを大型化される場合もあると思いますが、寒冷地では冬のこともよくよくお考えになったほうがいいですよ(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。