RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01
19
Category : 床暖房
今日は用事があっていつもより随分早く帰宅した。
「あれ!? 母屋に電気がついてる・・・。」
DSC_2724.jpg
なんと夜の7時過ぎだというのに、嶋田建築の大工さん方が、まだ工事にかかっていてくださったのです。「本当に遅くまでごくろうさまです。」と、頭を下げずにはいられませんでした。こちらの気持ちをうまく伝えられたかどうか、よく分かりませんが、こういうことは、口に出して伝えるほうが、きっといいですよね。その一方、一昨日から取り掛かっていた床暖房の敷設工事は完了。こちらの方は、思っていたよりも早く完成したのでした。
写真は、回り縁にパネルをひいてくださっている様子です。この回り縁には、床暖房のパネルの上に檜の床材を貼り、それ以外の部分は畳を敷きます。畳は床暖房用の少し薄手のものらしいです。(現在、真四角の琉球畳かオーソドックスな畳かで悩み中・・・。)早く床暖房を入れて、ごろごろしたいなぁ。
CIMG0699.jpg
祖母部屋の外側にあけられた穴からは、何本ものお湯が通るチューブが出ていました。
■Before(1/15)■
DSC_2651.jpg
■After■
DSC_2778.jpg
メーターも取り付けられています。
DSC_2780.jpg
何のメーターかというと・・・、パイプをすべて接続した後、水圧をかけて、破損しているところやチューブとパネルの接続不良がないかをチェックするためのものです。途中でお湯が漏れていたら、まずいですもんね。この後、床の仕上げや熱源となるエコキュートの設置、リモコンの設置で床暖房については完成となります。
ここ3日間、床暖房ばかりの記事でしたが、二木建設さんが、玄関周りにコンクリを打ってくださったり、和室の床周辺も少しずつですが変化しています。
そして、解体前に取り外した書院の欄間(?)も再利用のめどがついたようです。
DSC_2782.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。