RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02
19
昨日の壁面のパテ埋めが完了し、今日はいよいよクロス貼り。
DSC_4310.jpg
切り取ったクロスを所定の位置に置き、刷毛で軽くスッスッとなでるとクロスが貼りつく。「魔法のような」という表現はいささか陳腐ですが、そうとしか表現できない技でした。そしてカッターで余分なところを切り取る。
DSC_4311.jpg
切り取ると簡単に言っても、自然のままの形を残す梁の周りを切るのはきっと大変だったことでしょう。
DSC_4312.jpg
下の写真は「クロスマシーン」(と私が勝手に命名しました)。クロスを切り取るための道具かと思っていたら、
その機能に加えて、接着剤を裏に自動的に塗りつけてくれるものだそうです。メーカーをみたら「KOKUYO」、えっ!?、とはやとちりするところでしたが、よくみると「KYOKUTO(極東)」とありました。ロゴもかなり似てます。(この機械ネットで調べたら、「壁紙糊付機」というなんとも無味乾燥なネーミングがされておりました)
DSC_4313.jpg
壁土は随分悩みましたが、逆にパッと決まったのがこのクロス。白い珪藻土が吹き付けられて、多少ざらざらした表面になっています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。