RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02
26
山西左官さんに外壁の仕上げをしていただいて数日がたちました。塗った直後の赤みがだんだん薄れてきて今はこのような色になりました。このように当初の色の変化を「色がさめてきた」という言い方をするそうです。
■Before■
(解体前)北東側、以前はこちらに水周りが集中
before09.jpg
■After■
減築し、屋根の形も変わっている。玄関は新設。
DSC_4572.jpg
■Before■
(解体前)南側、庭から母屋を望む。以前は客間として使用。
before07.jpg
■After■
2階南側に窓がつけられた。1階部分は、リビング&ダイニングとして使用することに。
DSC_4587.jpg
■Before■
(解体前)以前はこちらに玄関。
before081402.jpg
■After■
曽祖父から譲り受けた思い出のソテツはそのままに残す。
DSC_4729.jpg
■Before■
(解体前)開口部が大きく、夏場の西日が室内に直接差し込んでいた。
CIMG8449.jpg
■After■
多くを板張りとし、開口部を最小限に留め、日差しを避ける。
DSC_4733.jpg
■Before■
電柱が左の方に立っていたが、これを移設。
CIMG7125.jpg
■After■
左側が改築中の母屋、右は現在生活している仮住居。母屋を減築し、道からは少し入り込んだ形に変化。
DSC_4570.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。