RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01
06
タイトルの「ポスト サイコウ」は、ポスト「最高!」ではなく『再考』。ここ半年以上、ポストのことばかり考えています。人に伝えることよりも、いつも書きたいことだけを自分勝手に書きつづっている私のブログですが、
文章というのは、書き記すことによって、自分の思考が整理できるという利点があるようです。今年もそんなスタンスで更新を続けていきます。そんな半年あまりの堂々巡りのポスト選びも、ブログに書き記すことでようやく出口が見えてきました現時点での最有力候補は前回と変わり、
オランダのメーカーのブラバンシアのB110(黒)というタイプ。
ヨーロッパのメーカーの製品と言っても、パッと見たところ、どこにでもあるようなポストにも見える、そんな控えめで無駄のないデザインが気に入りました(ロゴも本体の下部に控えめに存在しています)。これなら和風の我が家にもしっくりなじんでくれそうです。
img56802143.jpg
「ブラバンシア」というメーカーは知らなくても、同社が作っている足踏みタイプのゴミ箱をご存じの方は多いかもしれません。デザインはもちろんのこと、気密性の高い作りなど、ヨーロッパのクラフツマンシップが感じられるメーカーです。
top_pb.jpg
今回、この製品が有力候補となった理由は、前回感じていたマイナス点が改善できたからです。
①私にとってのこの製品のマイナスは、
 「毎回鍵がないと、開け閉めできない(=扉を開けるつまみがない)。」ということです。 ※詳しくは→コチラ
毎朝、新聞を取りに行くたびに鍵を開けたり、しめたりしないといけない・・・それは、とってもめんどう。と考える人は、他にもいたようで、鍵と交換する『つまみ』が販売されていました。これがその写真↓
11.jpg11a.jpg
つまみにしては小さすぎる気もしますが、これで毎回鍵を出し入れする不便さから解消されます。(ただし、鍵との交換は自分でしなくてはなりません)
②値段の安いサイトを見つけたのも大きな理由です。
前回候補だったIRIS1000(スペイン製)と比較すると約半額程度になります。→POST SHOP ONLINE
このB110という製品には筒状の新聞受けをオプションでつけることができます。これなら毎日の出し入れはさらに便利です。ちゃんとポスト本体と同色が選べるようになっています。うずまき状のロゴもかわいい。
img56802147.jpg
ただし値段は8,000円(最安値を検索しても5,000円)。こちらはあきらめようと思っています。筒一つに8,000円(ちなみに片方は蓋があります)。高いか安いかはその人の価値基準でしょうかね。
③塗装がマット(つやなし)タイプだったこと
つやありの黒はとても美しいのですが、指紋をはじめとした手の汚れがとても目立ちやすいものです(wii【黒】なんかがこの塗装ですよね)。しかし、このブラバンシアの黒はマットタイプ。汚れが目立ちにくいのです。同じ玄関先にあるインターホンもつやなしの黒。相性もよさそうです。
デザイン自体は妻も気に入っており、ほぼ問題はクリアされました。あまりの長考ぶりに妻もあきれていたことでしょうが、もうゆるがない(つもり)です。
ちなみに同社のB600もかわいいです。こちらはもっとナチュラルテイストの家に似合いそうです。↓
04.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。