RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12
01
Category : 設備工事
澄んだ空に陽光が眩しい。太陽の高度とともに気温もぐんぐんと上がっていく。
我が家の真正面には荒神さんとお稲荷さんが祀られている社があります。枝に付く葉もあと残り少し。
sDSC_0010
DSC_0011.jpgDSC_0031.jpg
今日の最高気温は18℃。車中では汗ばむほど。こんな日が続けば、作業もはかどるだろうに、と思う。
浮田商事さんが、ガラス建具を搬入してくださる。仮設にぶつからないように丁寧に丁寧に運んでいただきました。
DSC_0014.jpg
また、トイレの配管設備作業に但馬近畿工業さんからも来ていただきました。
CIMG0485.jpgCIMG0486.jpg
大工作業は、今日はOさん一人で進めてくださる。
CIMG0482.jpgDSC_0021.jpg
西側に面する和室は、通常サイズの障子を入れず、垂れ壁にして、足元に横長の障子を入れる予定。大きな障子が入らない分、暗くはなるが、和室は、あまり明々としすぎないのが、むしろ趣があってよいのではないかと思っています。
設計士Sさんの工夫で、その和室のすぐ外に池を作り、日の光が池に反射し、先ほどの足元の障子に当たるようにしている。その和室の外形が大まかにでき始めた。楽しみ楽しみ。
DSC_0016.jpg
内側から見るとこんな感じ。
sDSC_0025

Comment

非公開コメント

No title

写真の画面が綺麗にでていました。
日々進行状況が分かり楽しみですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。