RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12
13
Category : 

Breakthrough【ブレイクスルー】
[名] 1 (障害となっているものなどの)打開(活動);(行き詰まりからの)進展;(難関の)突破. 2 (科学知識・外交・産業などにおける)(飛躍的な)前進,(大)躍進. 3 (敵の防御線の)突破作戦
正面に見えるは蔵の壁、これをぶち抜く。
蔵へのアクセスとして、これまで2つの行きかたがありました。
①外から、蔵の外側の戸を開け、蔵に入る。
②今から祖母の部屋を経由し、蔵に入る。
蔵の外側の戸は、用心のために普段は施錠してあったため、一度室内から、祖母の部屋を経由して開錠してやる必要がありました。つまり①の方法をとろうと思ったら、必ず②の手順を踏む必要があったのです。
特別な用事でもなければ、行き来することのない蔵なのですが、出入りする必要があるたびに祖母の私室を通路にしなくてはならないことが、私にとっても、祖母にとってもわずらわしいことでした(と思われます)。
そこで今回は、今から祖母の部屋を通らなくても良いようにと考え、廊下の突き当りである蔵の壁をぶち抜いてしまうことにしました。
普通の壁でも昔の壁はかなり土がしっかり塗りつけられていたようで、大工のOさんとも、「かなり手ごわそうだねぇ・・・。」と話しています。
0044.jpg
0046.jpg
壁をぶち抜くのはまだ少し先になりそうですが、またご紹介したいと思います。

宝くじでも当たったら、蔵に薪ストーブを設置して、2階部分をアトリエにでもしようかなっ。
1階はギャラリーにしてもいいね、なんて野望を抱いたりして。・・・いかんいかん「不惑」の40歳のはずが

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。