RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01
13
Category : 建築工事
今朝方から雪、夜半から降らなかったことを幸いとすべきか。朝の雪かきの後、わずかな時間を利用して母の部屋の天井材の色を検討。生成りと栗皮茶色がありましたが、母は「栗皮茶色」を選択しました。
天井は下地板を張った上に(垂直方向でいえば下に)、化粧として40センチ角の薄い板材を全面に貼りつけます。この時、90度ずつ貼る向きをかえて木目を市松模様にします。はっきりとした市松にはなりませんが、控えめな主張が気に入って採用。里やまオリジナルの模様入りも提案いただきましたが、そちらは見送りました。シンプルに、シンプルに。現物を見られたのはありがたかったですが、一部の材料から全体ができあがった姿を想像するのって、素人にはすごく難しいですね。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。