RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01
26
Category : 木工事
床材のサンプルを見せてもらって、はや数日。家を建てられた方、リフォームをした方なら分かると思うのですが、悩みますよね・・・、床材。うちも例に漏れず・・・です。
あんまりいろいろな種類を見せられると、かえって迷うので、ある程度絞って里やまさんに提案いただきました。
でも、こだわってこだわって選んでも、案外よその人には、そのこだわりが伝わらないのも、正直なところ。完成見学会にいっても、よそさまの床材の色まできっちり覚えて帰宅していることはまれなんですよね。(照明器具なんかも施主がこだわりを持って選ぶことが多いですが、これも案外印象に残らないです。逆に印象に残りすぎる照明器具ってのも・・・です。)
■■ 無塗装品 ■■
「東北桜(無塗装)」一番素直な印象を受けました。シンプルでいい感じです。手触りもやわらかくていい感じです。
DSC_2981.jpg
「西南桜(無塗装)」上の東北桜と違うのは、こちらはほんのりとピンクがかった色合い。手触りは、東北桜とほぼ同じかんじ。
DSC_2980.jpg
「ナラ(無塗装)」ざらっとした手ざわり。素朴な印象です。これはこれでよい感じ。通常の木目に加えて、5mm~1cm程度の斜めに走る木目が見える。これが特徴的。堅さも程よい感じ。「どんぐりの木だよ。」って、子供たちに話してやるのもいいですよね。
DSC_2979.jpg
「ヒノキ(無塗装)」おなじみヒノキ。杉と並ぶ超有名どころの木ですよね。ヒノキ以外の木はフローリング材なので、30cmピッチで木の継ぎ目があります。しかし、このヒノキであれば、フローリング材の特徴とも言える継ぎ目を気にせず、長い一本物が取りやすいという特徴があります。ただし、等級によって、節のあるものも多く、
その点は注意が必要です(節も味と考えられれば、まったく問題ありません)。
DSC_2975.jpg
■■ 塗装品 ■■
「東北桜(クリア塗装)」ウレタン系のツルっとした塗装をしても、東北桜はイメージはあまり変化しません。
DSC_2982.jpg
「西南桜(クリア塗装)」無塗装であれば、微妙な違いしかなかった東北桜と西南桜ですが、クリア塗装することで随分色合いが違ってきます。私と妻とは、きっと色が付けられているに違いない・・と話していたくらいです。
DSC_2983.jpg
「クリ(塗装品)」これは、少し色をつけたもの。重く堅くひんやりした肌触り。(意図的にですが)表面に多少の凹凸があり、少し荒っぽい仕上げというか味があります。お店などでは「アンティーク仕上げ」という名前で紹介されています。足を乗せると堅く少し冷たい感じがします(夏はむしろ良いかも)。黒い梁がある古民家の床などには、あうかもしれませんね。
DSC_2985.jpg
無垢材と塗装品ではずいぶん印象が違うのがさらに悩むところ。しかし、どの木も何年もかけていく中で、同じように日に焼けて黒っぽくなっていくそうです。というわけで、数日かけて選択したのは、「ヒノキ」。サクラとナラも候補でしたが、結局は、回り縁にできるだけ長い寸法の取れるものを選んだ結果です。ちなみに階段にもヒノキが使われることが決定していたことも、判断の材料になりました。
そしてキッチンとトイレ、脱衣室はクリア塗装をします。無塗装の肌触りは捨てがたいものがありますが、普通に暮らすならメンテが楽なほうがいいよねと、妻と話しています。
うちの場合、ひと部屋ごとに床の色合いや、材質を変えるのは好みではありません。そろえるところをそろえてるからこそ、逆にワンポイントとして使うものが、より生きてくると思うのです。
みなさんはどんな悩み方をされましたか?
それから、トイレと脱衣室は竹のフローリング材を選びました(クリアと色付クリア)。要するに竹の集成材です。水に強いことがウリと聞きましたが、クリア塗装をすれば、どの材料でも強かったんじゃなかったっけ?
DSC_2971.jpg

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。