RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01
30
Category : 木工事
「31日にかけて日本海側で大雪。」のニュースにうんざりした人も多いことだろう。昨夜からしんしんと降り、見る間に積もっていく様子はかなりの積雪を予想させましたが、
DSC_3417.jpg
朝起きてみると、思っていたよりはかなり少なめ。それでも、辺りはこんな様子。朝寝を返上して、雪かき(除雪)に追われる日曜の朝です。
DSC_3422.jpg
DSC_3432.jpg
2階の天井ですが、石膏ボードの上にシナベニヤを『市松貼り(いちまつばり)』で仕上げました。
①天井の枠組みに下地材として石膏ボードを貼ります。
DSC_2852.jpg
②シナベニヤを正方形に切り、木目が直行するように交互に置き、釘打ち機でとめます。
天井に対して横からの光が当たると木目がより強調され、『市松模様』=チェッカーフラッグの模様が浮かび上がります。板にそれぞれ色を塗っているわけではありませんよ。
DSC_3173.jpg
板と板の間には、昨日も紹介した板一枚分の目地がきれいに通っています。
③壁にも石膏ボードが貼られました。
ここはクロス仕上げの予定ですが、石膏ボードもそれなりの味があって、このままで仕上げてもよいような気もしています。ま、そんなわけにもいかないですかね。
DSC_3358.jpg

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。