RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02
01
Category : 木工事
我が家のリフォーム計画を進めていく中で、お願いしてきた古い部材の再利用。特に旧玄関にあった式台は、長年にわたり磨かれてきた大切なものであったので、特に強くお願いしてきました。
■解体前の玄関の様子と式台■
CIMG7570.jpg
丁寧に取り外され、保管してあったものが、いよいよ新しくなった家で、新たな役目を与えられることになりました。担当はOさん。
CIMG0889.jpg
2つに切り分けられ、キッチンからリビング&ダイニングへ移動するときのステップになりました。
■After■
DSC_3528.jpg
■Before■
DSC_3456.jpg
もうひとつは、勝手口のステップになりました。こちらの担当は、ベテランOさんです。
DSC_3508.jpg
なんか勝手口のステップとしては、贅沢すぎる感がしないでもないですが、よしとしましょう。框(かまち)の固定が済むまで、しばらくの間、勝手口からの出入りは禁止です。黒いビールケースのようなものは、「土間パネル」というもの、かさ上げのために使われているのでしょうか。
寒い中、屋外ではSさんが、腰板を丁寧に貼ってくださっています。サッシの下は、幅の小さい板が必要となるので、大変です。
CIMG0901.jpg

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。