RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02
08
壁の色も決定し、ひとつの山を越えた感じです。しかし、まだまだ決定を要する事項は山積みです。壁土を仕上げるための下塗りが施されています。左官といえば「山西左官」さんです(笑)。
巨大洗濯機で材料を混ぜ合わせ、缶に入れて、ウインチで巻き上げます。仮設の上には、舟が置いてあり、そこに材料をストックしておいて塗っていきます。
CIMG1140.jpgCIMG1126.jpg
金属製のメッシュを敷き、その上に塗っていくのは、収縮によるひび割れを防ぐための方法だそうです。足元の瓦の養生のためブルーシートやウェスが敷いてありました。
DSC_3850.jpgCIMG1123.jpg
■Yesterday■
DSC_3752.jpg
■Today■
DSC_3853.jpg
下塗りが少しずつ乾きはじめ、暗いグレーから、明るいグレーになってきているのが分かります。このの下塗りが乾いたら本塗りです。・・・いよいよです。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。