RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02
11
Category : 木工事
天井の仕上げ方については、里やまさんからいろいろと提案いただいていましたが、1階については、現状の梁や天井をそのまま残す形で仕上げてもらっています。トイレは外壁の腰板にも使ったローズウッドの塗料を塗った杉板を貼り、西側に設けた勝手口からリビングへの廊下は、解体時に取り外した天井板を再利用して貼りなおしてもらっています。
CIMG1194.jpgDSC_3916.jpg
(よく見れば虫食いや汚れもありますが)新しい材料を使わなくて良いので予算的にも助かりましたし、思い入れのある材料を使っていただくことは、嬉しいものです。
■古材で仕上げた天井■石膏ボードの粉で汚れていますが、クリーニングすればきれいになるでしょう。
DSC_3950.jpg
大工工事もいよいよ終わりが見えてきました。明日を最後に、Sさん・Nさんは別の現場に行かれてしまうそうです。一日も早く家は完成させてほしいですが、それは大工さん方との別れでもあります。
大工のNさんが、「ぼくも寂しいです。」と言われ、思わず胸にこみ上げるものがありました。どちらの現場に行かれるのかは、聞いていないのですが、どちらに行かれても、すばらしい仕事をしてくださる方だと思います。
その現場の施主の方、どんな大工さんが来られるのかと、期待に加え、少しの心配もあるかもしれませんがが、
どうかご安心ください。非常に丁寧に仕上げてくださいますよ。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。