RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02
18
自宅に帰って、職人のみなさんが帰った後の現場を見にいったところ、唖然としてしまいました。だって・・・・、こんなふうになっていたんですから。
DSC_4189.jpgDSC_4204.jpg
DSC_4197.jpg
「□△○×・・・(驚きのあまり言葉にならない)、」
壁という壁に打たれた無数の点々、それが全面に塗りたくられているのです。(だれかの嫌がらせかと思ったほどでした。)この点々の正体はコレ
↓↓↓↓↓↓↓↓
DSC_4205.jpg
その名も「ブレンディー」。石膏ボードを打ちつけた釘の凹みや、
ボードとボードの間の隙間をこれで塞いでいたのでした。

DSC_4214.jpg
たしかにクロスを貼る時、下地がフラットな方が貼りやすいし、なによりきれいに仕上がるのでしょうね。
DSC_4209.jpg
CIMG1291.jpg
それにしても、いきなりコレを見たらびっくりしませんか?これから家を建て、クロス貼りをする方は、知っておいて損はないと思います。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。