RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02
22
帰宅し、母屋に入るとツンと鼻につく異臭。有機溶剤系のソレである。においの元はどこかと、辺りを見回しながら歩くと、ありましたありました。犯人はここ。和室の床の間と、
DSC_4500.jpg
DSC_4499.jpg
2階の造作テーブルでした。
DSC_4503.jpg
DSC_4511.jpg
それにしても、すごく広い範囲に、かつ丁寧に養生するんですね。私は見ていませんでしたが、きっとスプレーで広い範囲にクリア塗装の液を吹き付けるからに違いない(?)、なんて予想してみる。
基本的には、小学生の作品にニスを塗りたくったような、てかてかした塗装は好みではありません。しかし、水周りはもちろんのこと、飲み物を置くテーブルや字を書く場所など細かい作業を行う場所には、つるっとしてて、硬い塗装が都合いい。要するに用途にあわせて適当な塗装をする方がメンテも楽で暮らしやすいということ。そんなふうに割り切って考えています。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。