RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03
01
先日発注した照明器具が届き、2階のかなりのスペースを占領しています。今日帰って2階に上がったらそのうちのいくつかが取り付けられていました。
■ダウンライト■
DSC_4772.jpg
■フットライト■
夜間になると自動で点灯するタイプを選択。トイレに行くときなど、わざわざ照明をつけずに、穏やかな明かりで足元を照らしてくれるとの説明に購入を決意したフットライト。明るい光だと、せっかくの脳の眠りモードが強い刺激によって起こされてしまうんだとか。掃除機などをかける場所にもなるので、ライトに加え、コンセントが余分に一口あるタイプを選びました。人感センサー付きも考えましたが、LEDなら夜間付きっぱなしでも消費電力もわずかなもの。結果として安いタイプを選択しました。
DSC_4784.jpg
■階段室のブラケットライト■
上下に光を遮る面がないタイプ、このように光が上下に広がります。階段の下に1灯、途中の踊り場に2灯、上がったところに1灯つけました。下からのぞくと電球が見えてしまうのが問題点かな。
DSC_4774.jpg
DSC_4779.jpg
■おまけ■
リビングとキッチンにつけるライトは、モダンなものを選んでみました。我が家では「桜井ライト」と訳あって呼んでいます(その理由はまた後日)。ちょっと浮いてしまわないかと心配しています。どんな感じになるか見てみたくなり、ダクトレールがすでに設置されている2階の本棚部分へ試しに吊り下げてみました。中の白い部分はシリコンでできていて、ゴムのような手触り、それをガラスが覆います。ガラス部分に光が二重、三重に反射してきれいな光が広がります。
DSC_4791.jpgDSC_4789.jpg
本当は、この部屋の掘りごたつの上に3つ吊り下げられます。天井にダクトレールだけは先に取り付けられています。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。