RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03
05
グレーの下地が乾き、次は仕上げの材料を塗ってもらいます。尋ねてみたところ、仕上げの材料は2度塗るのだそうです。
今日はその一回目。材料を缶の中に入れ、ドリルのような道具で混ぜ合わせます。壁土なので、もっと土っぽいものをイメージしていたのですが、まるでクリーム、それもホイップクリームのようなふんわりした感じです。
CIMG1556.jpg
DSC_4897.jpg
鏝板(こていた)と呼ばれる板の上に適量をとり、鏝(こて)で塗っていきます。素人目には、割と思い切りよく、すっすっと塗っていかれます。無駄のない動きに、思わず見入ってしまいます。(一口に鏝と言っても、いろいろな種類があるようです 詳しくはこちら→大阪府左官工業組合)職人さんが帰られた後に、清酒の瓶を入れるケースがいくつも部屋にあるのが不思議でしたが、足場にするためだったのですね。
DSC_4912.jpg
DSC_4906.jpg
天気が悪いので、乾きを早めるために扇風機(送風機っていうのですかね)がブンブン唸りを上げています。湿った土の独特のにおいが、鼻の奥をくすぐります。
DSC_4899.jpgDSC_4898.jpg
左が仕上げの材料を塗ったところ(1回目)、右が下地のままのところ。
DSC_4921.jpg

Comment

非公開コメント

見に行けるかなぁ

こんちゃ。
久しぶりっす。 って言ってもわかりませんよね^^
家見に行きたいなぁ。

見に行ったら誰だかわかるかな~~

では!!!

Re: 見に行けるかなぁ

????
頭の中に?が行列していますが、あれこれ探るのも無粋なこと。
当日を楽しみにしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。