RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01
03
実は家が完成して1年近くがたとうというのに、決められないことがある。それは「家の表札」と「ポスト」。
どちらも玄関に取り付けるとても重要なもの。せっかくだからホームセンターにあるようなものでなく、お気に入りのものを選びたいのですが、ネットで検索すると、ちょっとかっこいいものであれば、4、5万は当たり前、中には10万円を超えるような製品もあるのです。そんなわけで、実は隣接する納屋(完成するまでの仮住まい)に設置していたポストをまだ使っているのです。
①古民家をリフォームした我が家にふさわしいもの
 まあ、当たり前ですよね。やっぱり、家に似合うものがほしいです。ですが、そもそも我が家の外観は、いわゆる古民家(白漆喰とこげ茶の柱)の色ではない。さて、何色が似合う?ちなみに我が家に使われている、主な色は以下の通り。
 壁=リシン(薄いオレンジ色)掻き落とし仕上げ
 腰板=こげ茶 ※この腰板の上に設置する予定
 窓・サッシ=黒
 よって、家の各所に黒をポイントに配置しているので、ポストの色も基本を『黒』、もしくは腰板になじむ『こげ茶』と考えています。
②機能的であるもの
 単体で見て、格好よくても、機能的でないもの、それだけが自己主張するようなものはパスです。
 新聞と封筒、ごくたまにA4の封筒が届きますので、それがきちんと入ることが最低条件です。
 軒下なので、ほぼ雨の心配はありません。
③その他
 輸入物は、お国柄でしょうか。ポストに必ずといっていいほど、鍵がついています。しかし、この田舎では、郵便物が荒らされるなどといった心配は、ほぼ皆無。鍵は必要ないです。
今日はこんなポストを検討してみました。
■マーキュリー(アメリカ製)■
mcrmailbox02c.jpg
 ○とてもシンプルな外観。メーカーのロゴも、アンティーク感あり。
 ◎値段=10,000円弱(海外製のポストではあまりありません)
 ○ポスト下部に新聞受けが独立(郵便受けといっても、ほとんどは新聞受けですから、あれば便利)
 ×鍵なしで蓋が開けられない(というか鍵がないとめちゃ開けにくい)。
このポストは上のふたを開けて投函し、鍵のつい前の蓋を手前に開けて中身を取り出すモデルです。鍵を差込み、ひねって開錠、そして鍵をつまんで扉を開けます。しかし、鍵なしで、前の扉を開けようとすると、どんなことになるでしょうか。きっと蓋の狭い隙間に、指(爪)をひっかけて、開けることになるのではないでしょうか。
不精な私は、毎朝、新聞を取り出すのに、そんな苦労をしたくないのです。もちろん鍵を毎回差し込むのも不便だし。鍵の刺しっぱなしは、さび付く原因になりそうだし・・・。そんな理由でこのモデルは残念ながら見送りました。
■ブラバンシア(オランダ製)■
3.jpg
 ◎すっきりしたデザインで、私は好き。さすが北欧デザインってかんじです。
 △値段=20,000円ぐらい。ま、それぐらいはするかな。
 ○細く見えて、案外大容量 なんとB4まで入ります。
 △これも鍵なしでは、開けにくそう。鍵の上の方に指を引っ掛けて開ける?
■ラフィット(日本製)■
img56272392.jpg
これはどうでしょうか。
○味気ないほどのシンプルデザイン。ボックスのサイドも同じ色でよかったのでは。
△値段=27,000円前後(少し高い?)
△上の蓋を開けてからでないと、メインの蓋を開けて、中身が取り出せない。つまりは、取り出すのに2アクションいるということ。
それ以外にも、マックスノブロック社の『キョート』なども検討していました。
kyoto_b.jpg
そして今、最有力候補は・・・コレ。
■イリス1000 (スペイン、ジョマ社)■
G_JOIR_2COLOR.jpg
◎シンプルデザイン
○27,000円前後(高いが、ま、しかたないか)
◎前面のパネルに自分の好きなイラストやポスターを入れることができる。
集合住宅用にも採用されているこのイリス1000(写真は姉妹品のイリス500。各住人が思い思いのイラストや写真を飾っている姿を思うと、とてもステキに思えました。
prd3_081011170216SAL-00000040.jpg
「しかし、本当に自分で絵を入れてかざるか・・・・?(はなはだ不安)」
「ブラックモデルを選ぶと、前面のパネルが黄色ってとこも・・・。」
「スペイン本社のモデルを見ると、本体とパネルが同色のタイプが選べるのに・・・。」
「スペインから個人輸入?いやスペイン語しゃべれんし・・・。」
そしても、今日も夜はふけていく。また、今日も決められなかった・・・、おやすみなさい。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。