RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01
16
Category : プランニング
「寒くない家にしてください。」
これが、私たち夫婦が家作りに当たって、工務店に提示した第1条件でした。それ程、寒い家でした。
普通ならその後は、「書斎がほしい。」「キッチンはオープンにしてほしい。」等、具体的な要望を提示し、工務店はそれを図面に収めていくものなのかもしれませんが、我が家の場合は、そうではありませんでした。
「家族で現在、こんな暮らし方をしている。」 そして「これから家族でどう暮らしていきたいか。」ということを、たっぷり時間をかけて話し合いました。
その作業を経ていくうちに、それまで「どうしてもほしい!」と思っていたものが、案外、つまらないこだわりだったことに気付き、大切なものが見えてきました。
家作りは予算との戦いです。その中で、自分たちにとって最も大切な、ゆるぎないものが見つけられれば、枝葉の部分はどうにでもなるものなんだな、そう思います。
DSC_9598.jpg
(切実であった)寒さ対策の次に、大切なもの、それは「家族で共有する空間(時間)」でした。夫婦と、いずれは独立していく子どもたちと、できるだけ多くの時間を過ごしたいと思いました。
妻が食事を作る傍らで子どもたちは宿題をし、そして共に夕食を食べ、(風呂に入り)、その後は、寝る時間ぎりぎりまで、めいめい好きな本などを読む部屋をリビングとし、その機能を持たせました。現在のところ、我が家に子ども部屋(幼・小2)はありません。
その結果、子どもたちはリビングの掘りごたつで宿題をして、同じ掘りごたつで家族で食事をします。「勉強机を買ってやらないの!?」と言う母の意見もありましたが、大人の目が届くのが一番です。食後は、リビングでごろごろし、8時半ごろになったら、2階の寝室へ上がって寝ます。(寝室にはテレビもありません。寝室は寝るためだけの部屋です。)
すみません、長々と。よく「3度建てないと納得の家はできない」と言いますが、私は十分満足しています。

Comment

非公開コメント

ブログ見られました!

すごく素敵なお家ですよね!憧れます(^^)
私も子供の勉強部屋はいらない派です。
目の届くところで宿題してほしなぁ、と。

No title

コメントありがとうございます。
そんなわけで、我が家の場合はカミナリも落とせる距離で勉強させています。
それでも高校ぐらいになったら、掘りごたつテーブルで勉強ってわけにもいかないかな?そのときは、寝室を壁で仕分けられるように図面だけはかいてもらっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。