RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10
13
Category : 木工事
背割り【せわり】
背割りとは、芯持ち材の乾燥収縮による割れを防ぐために、あらかじめ見えない背の部分に、樹心に達する割れ目をつくっておくこと。背割りがあることで、木の中心までしっかり乾燥し、また、乾燥過程で発生する割れの代わりになり、別の場所への割れが発生しにくくなるという効果がある。
次々と運び込まれる木材。手際よく積み上げられ、出番を待つ。
CIMG9827.jpgCIMG9829.jpg
芯持ちの部材には背割りが入れられている。5cm角のものは垂木、それ以外は柱だろうか。継ぎ手加工をされたものもある。昔と違い、CADに入力したデータをもとに、コンピュータ制御で機械的に木材が削りだされると聞いたが、精巧に加工された木材は、見ているだけで心弾む思いがする。
10年、20年と風雨に耐え生きてきたそれぞれの材木。それぞれに表情がある。一度は、その一生を終え、今度は、我が家のいろいろな箇所で役割を果たしてもらう。どうかよろしく。
CIMG9849.jpgCIMG9845.jpg
CIMG9852.jpgCIMG9839.jpg
作業は、いよいよ明後日から。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。