RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10
27
Category : 木工事
土台【ドダイ】
建物の下部で全重量を支えるもので、柱と基礎をつなぐ木部材。腐蝕に強い桧やヒバなどが用いられる。最近は、防腐処理したものが用いられる。
今日は、屋根工事はなく、大工工事のみ。コツコツと続けてもらっている根太の工事も、終わりが見え始めた。
コンクリートの上に通気用の樹脂製のフィルタ(?)を挟み込み、その上に土台が回っている。
■Before(10月2日)■
CIMG9701.jpg
■Now■
CIMG9702.jpg
嶋田建築さん、今日も真っ暗になるまでの作業、ご苦労様でした。
CIMG1125.jpg


今夜は、村の祭りがあった。この祭りが始まったのには、こんないわれがある。・・・昔々のその昔、この村で大火事が起こった。
広がる火を村人がようやく消し止め、ほっと一息ついたとき、誰かが、ふとあることに気がついた。「おい、子供たちがおらん。一人もおらん。」なんと、村の子供が一人残らず、いなくなっていたのである。
火を消し止めた村人は、今度は子供たちを探し始めた。すると間もなく、子供たちが村の山手にあるお堂(←この辺不確か)に、難を逃れて集まっていたことがわかった。そこで、子供たちを守ってくださったお堂を村にお運びし、祭ったのが我が家の前にある荒神さん、というお話。(口伝えのお話のため、正しく書き留められていないかもれません。お許しを。)
CIMG1126.jpg

Comment

非公開コメント

No title

荒神さんお話有難う。
いつも目の前で見守って頂き有難いことです。

No title

荒神さんのお話ありがとう。
いつも目の前で見守っていただき有難いことです。

No title

台風は大丈夫のようですね!我が家も4年前?を思い出します。が、うちは畑だったところに建てたので、出来上がる楽しみが大きかったかな。。。
これからどんどん家らしくなっていきますね。
一度、子どもを連れて見学させてくださいな!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。