RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08
24
Category : 解体
いよいよ今日から解体が始まる。
不思議と早く目が覚め、もう一度母屋に入る。業者の方にしてもらえばよいのだが、自分で建具を一枚ずつ取り外してみた。長い間、家族を守ってくれた母屋との別れの儀式みたいなかんじだろうか。
建具を外すと、想像以上に大きな空間が広がる。田の字型の構造とは、よくいったものだ。
築90年、いろいろなところにガタがきた母屋だったが、朝日を受ける母屋を見ていると、この家はまだまだ生きてるってかんじがしてくる。
sCIMG8595.jpg
作業を前に保存箇所を確認
sCIMG8645.jpg
北側(減築部)1階の屋根を取り壊す
sCIMG8679.jpgsCIMG8711.jpg
屋根がなくなり台所から空が見える
sCIMG8708.jpg
母屋と納屋をつないでいた屋根も取り払われた
sCIMG8733.jpg
地蔵盆の夜店ですくってきた金魚も一時避難
sCIMG8745.jpg
建具などさえぎるものをすべて取り去った母屋の向こうに隣宅が見える。
それを見ても、心配していたような不安は、あまり感じない。
それより期待が大きい。

息子は、エコジローさんのみなさんにかわいがっていただいた様子。
暑い中、本当にごくろうさまでした。
明日もよろしくお願いします。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。