RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11
10
Category : 木工事
立ち上がった基礎から太いボルトが出ているのが、ずっと気にかかっていた。土台を乗せても、さらに余る長さだし・・・。
それが、ようやく分かりました。土台を貫き、さらに出た部分に金具をつなぎ、柱とつなぐんですね。
これまでの家は礎石の上に柱が乗っかっていただけであったが、(ま、それでも大丈夫だったわけですが)今度の家は、横に広がるコンクリートのベタ基礎の上に、縦に伸びる柱が強固につなぎとめられている。家にとっては少し窮屈なかんじもしないではないですが・・・、これが今時の仕様だそうです。
1110_moro27.jpg1110_moro23.jpg
イチョウの木は黄葉のピークを迎え、これからが落葉のシーズンになりそう。ピーク前の今でも、一日に妻と母で何度も掃かなくてはいけないほど。先が思いやられます・・・。
それなのに何をのんきにと言われるかもしれないが、青空にイチョウは美しい。
う~ん、やっぱりカメラがほしい・・・。
「不惑」の40歳のはずが、日々惑いまくり、煩悩だらけの40歳である。
1110_moro02.jpg1110_moro11.jpg

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。