RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02
19
Category : 木工事
大工工事はいよいよ大詰め。テレビボードを除き、ほとんどの場所で仕上がってきました。柱が立てられ、ボードが貼られ、造作部分はほぼ完成です。
CIMG1267.jpgCIMG1289.jpg
右手写真のOさんは、屈伸をしているわけではありません。玄関収納(下駄箱)を置くところの壁の仕上げをしてもらっています。彼はこの寒空の下、普通の長い靴下ではなく、毎日、くるぶし丈のスニーカーソックスを履き続けていました。ちなみに上半身もかなりの薄着です。若いってすばらしいっ(笑)。
Oさんにはこつこつとテレビボードを仕上げていただいています。
CIMG1313.jpg
昨日まではずっと板の裏面が見えていましたが、ようやく表となる部分が見えました。床の方の細工もほぼできあがり、メインのボードがのるだけになっています。
DSC_4194.jpg
天井などがすごくきれいになっていると思ったら、水ぶきをして下っていたようです。
CIMG1277.jpg
2011.02
17
Category : 木工事
昨日、Oさんが言っていたとおり、大工のNさんが助っ人に来てくれた。それまで毎日のように顔を合わせていたものだから、数日会っていないだけなのに、ずいぶん久しぶりな印象。
昨日の記事にアップしていたのはやはりテレビボードでした。今日は少し全体が短くなり、足をつけるための穴が掘り込まれていました。
DSC_4162.jpgDSC_4161.jpg
CIMG1263.jpg
DSC_4164.jpg
妻が撮った写真を見てみると、なにやら外壁部分にも職人さんが入ってくださった様子。
CIMG1265.jpg
何をしてもらっているところだろう???また、後で聞いてみようっと・・・。

山陰防水さんが防水処理をしてくださっていたということでした。
2011.02
16
Category : 木工事
DSC_4143.jpg
アサノハとは、『麻の葉』のこと。本物の麻の葉は見たことがないのでよく分かりませんが、「麻の葉模様」といって、飾り障子に使われる図柄の名前のことです。細かい木のパーツを仕上げ、そして丁寧に組み込むことで、この柄ができあがります。あまりに精巧にできているので、私は(こともあろうか)プラスチックの加工品がはめ込まれていると思ったほどです。以前の我が家では客間の付書院の上部に取り付けられていました。
■Before■
aCIMG7628.jpg
CIMG8504.jpg
なんとかもう一度かざってほしいとお願いしていたところ、玄関に設置していただけることになりました。取り付けは若手Oさんです。
CIMG1236.jpg
こんな感じで収まりました。いい雰囲気の玄関に仕上がりますように・・・。
DSC_4140.jpg
きれいに組み込まれた枠が届きました。これは、2階の上部に取り付けられる手すりです。
CIMG1242.jpg
ぺたっと壁にしてしまうこともできたのですが、こうすることで軽快な感じに仕上がっています。今日は小さいほうだけが栃の階段柱に取り付けられました。
DSC_4135.jpg
1階では、ずいぶん大きな板がベテランOさんの手によって加工されています。
DSC_4154.jpg
4mはゆうにあるでしょうか。ほとんどの構造ができた今、こんなに大きな板が入るところはどこかと辺りを見回してみますと・・・ありましたありました、ここです。
DSC_4125.jpg
リビング正面に設置されるテレビ台用の板しかない(と思われます)。我が家はあまりテレビを見ない家で(DVDをはじめとした映画鑑賞もほとんどしません)、したがって、ブルーレイだの、ましてやゲーム機などは皆無なのです。DVDを見たいときや、テレビを録画するのもほとんどがPCの役目。テレビ台の上にはテレビとPCだけドンと置き、あとはできるだけものを置かず、広々と使いたいと思っています。
2011.02
15
Category : 木工事
デクレッシェンド<Decresc>だんだん弱くという意味。演奏を徐々に小さく弱くしていくという演奏方法、あるいはそれを表す演奏記号のことをさす。
DSC_4015.jpg
先日、また雪が降りました。太平洋側でも珍しく降ったということでニュースになっていましたね。降ったとは言うものの、今回の雪はぼたん雪、しんしんと降り積もる粉雪とはまた別物です。こちらでは、水分の多い雪という意味で「べちゃ雪」などとも言われたりします。いずれにせよ、冬の峠は越したことを感じさせるような雪でした。
DSC_4014.jpg
「今日でこちら(の現場)を失礼します。」と言われたのが、大工のKさん。一日の仕事を終えた大工さんを見送るつもりが、予期せぬお別れの場となってしまいました。
Kさんは、私と同じ世代で、近い年齢の子供を持つ親同士でしたので、いつも親近感を持ってお話させていただていました。うちの子供たちにと、端材を使って船を作ってくださったこともありました。いつもベテランのOさんのすぐ近くで仕事をされ、その先輩の仕事ぶりを見つめながら仕事をしておられる方でした。「教え、教えられ」ではなく、「仕事を盗む」のが職人の世界だと言われます。しかし、Kさんのまなざしは「盗む」という言葉が、まったくもって似合わないというか、むしろ、憧れに近いような尊敬のまなざしでOさんの仕事ぶりを見ておられるように私は感じました。(あくまで私の推量に過ぎませんが・・・)いい仕事場だなと、たびたび感じたものです。そんなKさんも、明日からは別の現場へと行かれます。どうかお元気で。完成見学会にはぜひ来てください。
2011.02
14
Category : 木工事
2人の大工さんが去られた後も、3人で大工工事は続きます。大きなつくりはほぼすべて作り終え、今は細かい仕上げにかかっていただいています。Oさんは、洗面所まわりを。窓の下には洗濯機が置かれます。今は、窓の下の高さに洗剤や柔軟剤を置くための棚をお願いして作ってもらっているところです。
CIMG1212.jpg
Kさんは、祖母の部屋を。写真は押入れの棚の作ってもらっているところです。置くものをきちんと見てもらい、高さをそれに合わせて作ってもらっているので、使い勝手の良い押入れになるはずです。
CIMG1216.jpg
Oさんは、階段周りの石膏ボードを貼っています。自分のかいた絵をここに飾る予定です。
CIMG1221.jpg
子供たちは、バレンタインチョコを作りました。スプーンですくいきれなかった溶けたチョコは、すべて子供たちのおなかの中へ・・・。
DSC_4033.jpg
父は照明選びに疲労困憊です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。