RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11
24
朝は冷え込み、今日は穏やかな陽気に包まれそうな気配。わが家の植え込みたちは、母に(+妻手伝い)冬支度をしてもらっています。
DSC_0028.jpg
特にソテツは南方のものだから重装備。それ以外の、サツキなども雪の重みで枝が折れないように、縄で固定をしています。
兵庫県で雪?と思われる方もあるかもしれませんが、日本海側は、結構降るんですよ。ワタシの住んでいるところは、コウノトリで有名(?)な豊岡から車で30分くらいのところ。ときどき川沿いをドライブしていると生(なま)コウノトリが飛んでいることがあります。
■Before■
1103kasetsu30.jpg
■After■
CIMG0346.jpg
家の方は、主だった柱が入れられ、細い柱や壁の下地がはられつつあります。窓らしき部分もあります。
■Before■
1110_moro23.jpg
■After■
CIMG0343.jpg

ついにデジカメ(エクスリム)がご臨終・・・。電源を投入してもたまの機嫌のよいときしか、写してくれません。
それまで、フィルムカメラが好きで撮影してきましたが、長男の誕生を機に、軽くて、簡単で、日々のふとした表情を撮っていきたいと思って買ったデジカメ。「作品」というようなものは、残せなかったかもしれませんが、子どもたちの成長をたくさん、たくさん残してくれました。ありがとうの気持ちでいっぱいで、ゴミ箱にポイってわけにはいきません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。