RSS
Admin
Archives

宿南で古民家再生 =El Temple Expiatori de la SAGRADA FAMILIA=

兵庫県北部、雪国「但馬」で築90年のわが家をリフォーム。家族の願いをかなえるために大規模改造を行った奮闘記

プロフィール

■N家■

Author:■N家■
一男一女の父
築90年の我が家を
里やま工房さんにより、
リフォームしました。(H23.3.18完成)

アクセスカウンタ
これまでの訪問者
オンラインカウンタ
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
カテゴリ
蔵 (6)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01
16
Category : プランニング
「寒くない家にしてください。」
これが、私たち夫婦が家作りに当たって、工務店に提示した第1条件でした。それ程、寒い家でした。
普通ならその後は、「書斎がほしい。」「キッチンはオープンにしてほしい。」等、具体的な要望を提示し、工務店はそれを図面に収めていくものなのかもしれませんが、我が家の場合は、そうではありませんでした。
「家族で現在、こんな暮らし方をしている。」 そして「これから家族でどう暮らしていきたいか。」ということを、たっぷり時間をかけて話し合いました。
その作業を経ていくうちに、それまで「どうしてもほしい!」と思っていたものが、案外、つまらないこだわりだったことに気付き、大切なものが見えてきました。
家作りは予算との戦いです。その中で、自分たちにとって最も大切な、ゆるぎないものが見つけられれば、枝葉の部分はどうにでもなるものなんだな、そう思います。
DSC_9598.jpg
(切実であった)寒さ対策の次に、大切なもの、それは「家族で共有する空間(時間)」でした。夫婦と、いずれは独立していく子どもたちと、できるだけ多くの時間を過ごしたいと思いました。
妻が食事を作る傍らで子どもたちは宿題をし、そして共に夕食を食べ、(風呂に入り)、その後は、寝る時間ぎりぎりまで、めいめい好きな本などを読む部屋をリビングとし、その機能を持たせました。現在のところ、我が家に子ども部屋(幼・小2)はありません。
その結果、子どもたちはリビングの掘りごたつで宿題をして、同じ掘りごたつで家族で食事をします。「勉強机を買ってやらないの!?」と言う母の意見もありましたが、大人の目が届くのが一番です。食後は、リビングでごろごろし、8時半ごろになったら、2階の寝室へ上がって寝ます。(寝室にはテレビもありません。寝室は寝るためだけの部屋です。)
すみません、長々と。よく「3度建てないと納得の家はできない」と言いますが、私は十分満足しています。
2012.01
15
Category : 旦那日記
ミセバヤの芽が日に日に伸びている。
DSC_9736.jpg
露出を+1にしてロウバイも再度撮影。
DSC_9741.jpg
息子(小2)はリビングで美味しんぼを読みふけっています。(わかってんの?)娘は古くなったデジカメでいろんなところを撮影しては、キャッキャとはしゃいでいます。妻はミシンをカタカタ。日曜日の午後、リビングで思い思いのことをして楽しみました。
DSC_9749.jpgDSC_9783.jpg
2012.01
12
Category : 旦那日記
仕事を終え、帰宅して食事、そして食後の一杯。といってもアルコールではなく、私のくつろぎの一杯は「コーヒー」のこと。今日は里やま工房さんからいただいたヒグラシ珈琲(豊岡市)です。
DSC_9696.jpg
お気に入りのカップは、我が家の蔵から出てきた蕎麦猪口(そばちょこ)。ずいぶん古いものらしく、少し分厚くてずっしりと重みがあります。コーヒーを注ぎ、少しミルクを落とすのがお気に入り。
DSC_9704.jpg
ごちそうさまでした。さあ、明日も頑張りましょう。
2012.01
10
Category : 旦那日記
最近では、ルンバをはじめとしたお掃除ロボットが人気ですが、我が家での掃除はもっぱらこれ、ほうきとちりとりです。
DSC_9602.jpg
DSC_9603.jpg
普段は妻に任せきりなので、お正月休みぐらいは手伝おうと思い立ち、息子と娘と一緒に私も掃除をしました。まずは、座椅子などの片付け。我が家は調度品をいろいろと置くよりも、広びろとしたのが好きなので、この作業は短時間で終了。乱れがちな二人の子どものおもちゃは置いてもよいスペースを決め、新しいものを買うときは、古いものを処分。わりと守れてます。次に、子どもは粘着テープ(愛称「コロコロ」)で畳の上を掃除。私はほうきとちりとりで掃き掃除、クイックルワ○パーで簡単に済ませる時もありますし、さらに固く絞った雑巾で廻り縁と畳を拭くこともあります。以上で完了。再び、座椅子などを元に戻します。
お気に入りの音楽をCDから鳴らしながら、案外楽しくやれました。気分転換にもなります。掃除をした後、ゴミが目に見えることが、達成感になっているかもしれません。
それより少し気になっているのは、我が家で採用している縁なし畳のこと。畳表は、イグサではなく「和紙」でできているそうです。イグサよりも耐久性が高いそうなのですが、座椅子の脚(パイプ)によって踏みつけられることにより表面が不規則に凸凹しているのです。あと何年くらいもつんだろう・・・。少々心配です。
キッチンはフローリングですが、表面にウレタン塗装(つるっとしたやつ)をしています。なんといってもキッチンは汚れやすいところ、この方が気楽にガンガン使えます。
2012.01
09
ケツロ=結露
 窓ガラス・壁など冷えた物体の表面に、空気中の水蒸気が凝縮し水滴となって付着する現象。
この季節、結露でお悩みの方も多いと思います。かく我が家もリフォーム前までは、窓ガラスのかなりの面積を流れ落ちるように結露が下がっていました。リフォームし、ペアガラスにすることで我が家の場合は格段に改善されました。
1月8日のリビングにて(朝に撮影)室内湿度は50%前後です
DSC_9597.jpg
DSC_9593.jpg
窓ガラスには下のほうにうっすら、そして黒く見えているサッシにはびっしり結露しているのが見えるでしょうか。このように全く結露しないわけではありませんが、あまり気にならないです。
サッシについた結露は、溝から外に排出される構造になっていて、室内の廻り縁のフローリングには落ちないようになっています。1階では、この場所以外では結露は見られません。
寝室にしている2階は、同じペアガラスを採用していますが、もう少し結露は多いです。特に1層になっているルーバー窓に多いようですが、それにしてもタオルで拭くほどではありません。薪ストーブを入れているお宅では、結露はないそうですね。宝くじでも当たったら、考えてみることにします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。